FC2ブログ

I LOVE 孤立

~集団や組織での孤立を促す絵日記BLOG~

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

3月20日


こんばんは

基盤太郎です





さて、そろそろ復活します。


明日くらいから、復活です。


やっと、慣れてきました。


想像する力。



さて、復活だ。
~『魂は震える』~









『…兄ちゃん?』


窓の外をみてるだけで、さっきから反応がない。


ただじっと、真っ暗な窓の外をみつめていた。


『ねぇ…』


たぶん、僕の声は届いていないみたいだ。


それがさみしくて、さっきから何度も声をかけてる。


『あのさ、トイレって…』


もしかしたら不機嫌なのかもしれない。


いや。


それは無いだろう。


『ねぇ、兄ちゃん?』


きっと、ものすごい早さで考えてるんだと思う。


これからの事とか、これまでの事。


そして、さっきの事。


『兄ちゃん…』


真っ黒な窓には、真っ黒な瞳がある。


その奥へ、その奥へと潜るように考えてるんだ。


でも、僕は知っている。


『ねぇ…』


兄ちゃんは、兄ちゃんなんだ。


僕が弟であるようにね。


だから、言わなくちゃね。


『ねぇ、兄ちゃん。やっぱり、帰ろうよ…』


すると兄ちゃんは、僕を思いっきり睨み付けた。


「…。」


無言のままで、僕を睨んでいる。


とても鋭い目付きで、睨み付けている。


その意味も、僕は知っている。


「そんなわけにはいかないんだ。今更な。」


そう言って、“ふぅ”と息を吐き、今度は腕を組んで目を閉じた。


「お前は心配しなくていい。トイレはその奥だから、今のうちに行っとけよ」


『うん』


そう、これから僕たち。


違う世界に行くんだ。









おやすみぶらざー
スポンサーサイト
[ 2012/03/21 00:25 ] 絵日記 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。